メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アーカイブ

「織田一の記者有論ワイド」の 記事一覧

「ようこそ、ホテル・ジャパンへ」ではしゃれにならない 金融危機のあと 荒療治だけでは経済失速も

「ようこそ、ホテル・ジャパンへ」ではしゃれにならない 金融危機のあと 荒療治だけでは経済失速も織田 一 (2010/07/21) 

 1970年代に大ヒットしたアメリカンロックの名曲「ホテル・カリフォルニア」。暗く荒涼とした砂漠のハイウエーでの運転に疲れた男が、休息にホテルに立ち寄って快適…続きを読む

「上げ底」圧縮こそ円高対策

「上げ底」圧縮こそ円高対策織田 一 (2010/08/25) 

 約15年ぶりの円高で、政府と日本銀行が対応に追われている。日本は巨額の財政赤字を抱え、デフレに苦しんでいる。少子高齢化で人口も減っている。そんな国の通貨が買…続きを読む

激化するドルと元を巡る攻防 ソウル、G20サミットで

激化するドルと元を巡る攻防 ソウル、G20サミットで織田 一 (2010/11/19) 

 韓国・ソウルで先週開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)では、ドル安を招く金融緩和に突き進む米国への新興国の不満と、経済大国になりつつあるのに…続きを読む

迷走みずほ、11年目のリセット 「メガバンクは2つで十分」との声も織田 一 (2011/06/12) 

 日本が金融危機のどん底からはい上がろうとしていた2000年秋、第一勧業、富士、日本興業の3銀行が統合した。総資産140兆円の巨大金融グループ「みずほ」の誕生…続きを読む

債務危機と低成長の悪循環 もがく高齢先進国

債務危機と低成長の悪循環 もがく高齢先進国織田 一 (2011/08/25) 

 日米欧の主要国が財政危機と景気不振の悪循環にもがいている。根底には、高齢化に伴う低成長と社会保障費の膨張という深刻な「先進国病」がある。   ▽この記事は …続きを読む

  • 過去の記事
  • 1