メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アーカイブ

 証券取引等監視委員会の佐渡賢一(さど・けんいち)委員長にインタビューし、証券市場監視の現状、監視を含む制裁のあり方を聞いた。上場企業に巣くう不正の「芽」を早期発見し、行政処分などの制裁で「教育的指導」をし、同時に、その制裁の理由や予防策を市場にアナウンスすることを佐渡委員長は重視する。かつて東京地検特捜部の検事として東京佐川急便事件などを摘発した佐渡委員長に、検察不調の原因と信頼回復の方策についても聞いた。

「証券取引等監視委・佐渡委員長インタビュー」の 記事一覧

「検察支配」からの解放で監視委が活性化

「検察支配」からの解放で監視委が活性化村山 治 (2010/07/21) 

 証券取引等監視委員会の佐渡賢一(さど・けんいち)委員長が7月19日に1期目3年の任期を満了したのを機に同委員長にインタビューし、証券市場監視の現状、監視を含…続きを読む

地下経済とのあくなき戦い ―― ゴールはまだ見えない

地下経済とのあくなき戦い ―― ゴールはまだ見えない村山 治 (2010/07/28) 

  佐渡賢一が証券取引等監視委員会の委員長に着任した2007年、東証マザーズなどでは、破綻に瀕した企業を利用して市場を騙し、カネを巻き上げる事件が続発していた…続きを読む

行政調査をフル活用、そして市場との「対話」を重視

行政調査をフル活用、そして市場との「対話」を重視村山 治 (2010/08/04) 

 市場経済統治の基本は「自治」である。企業がかかわる不正は内部監査で発見して正す。そこが見落としたら監査法人による外部監査、それ以外にも、証券会社や証券取引所…続きを読む

検察の不調の原因は? 検察は法執行機関の要として構造的、組織的な犯罪摘発のコーディネーターになるべき

検察の不調の原因は? 検察は法執行機関の要として構造的、組織的な犯罪摘発のコーディネーターになるべき村山 治 (2010/08/11) 

 制裁システムの要、検察の不調が続いている。小沢一郎・前民主党幹事長の政治団体の政治資金規正法違反事件の捜査では一部のメディア、検察OBから「恣意的捜査」との…続きを読む

目次――証券取引等監視委・佐渡委員長インタビュー (2010/08/11) 

 証券取引等監視委員会の佐渡賢一委員長にインタビューし、4回にわたって連載した。その内容は次の通り。 (1) 「検察支配」からの解放で監視委が活性化 (07/…続きを読む

  • 過去の記事
  • 1