メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

「房総沖地震で津波水位14メートル、原発浸水」東電試算《文書全文》

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 江戸時代に千葉県の房総沖で発生した地震が福島県沖で起こると仮定して、東京電力が、福島第一原発、第二原発に来る津波の水位を試算したところ、それぞれ13.6メートル、14メートルで、いずれの原発も浸水する――。そんな評価結果が今年3月7日に東電から原子力安全・保安院に説明されていたことが10月3日、情報公開法に基づき保安院から記者に開示された文書で分かった。東電は両原発における津波の最大の高さを5メートル台と想定していたが、文書によると、東電は、この房総沖地震を参考に来年10月以降に想定を変更するつもりだったようだ。

  ▽筆者:奥山俊宏

  ▽関連資料:今年3月7日に東京電力から原子力安全・保安院に渡され、同院から10月3日に開示された文書

  ▽関連記事: 東京電力本店からの報告

 

拡大東京電力が東日本大震災の4日前に原子力安全・保安院に提出した文書=10月3日、東京・霞が関で

 政府の地震調査研究推進本部の地震調査委員会は2002年7月31日に「三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価」をとりまとめて公表し、その中で、今後起こり得る「次の地震」について、次のように指摘した。

 プレート間のM8クラスの大地震は、三陸沖で1611年、1896年、房総沖で1677年11月に知られている。(中略)同様の地震が、三陸沖北部海溝寄りから房総沖海溝寄りにかけてどこでも発生する可能性があると考えた。

 

 マグニチュード8クラスの大地震が福島県沖を含む日本海溝近辺で今後30年以内に発生する可能性がかなりあるというのが地震調査委員会の結論だった。根拠になったのは、

1611年12月2日に発生した慶長の三陸沖地震、
1677年11月4日に発生した延宝の房総沖地震、
1896年6月15日に発生した明治三陸地震
 

の3つの「津波地震」で、いずれも津波によって多くの死傷者が出た。

 発生した場所は三陸沖、房総沖と異なっているが、これら3つの地震はいずれも、太平洋プレートの沈み込みによって日本海溝付近で発生したと推定された。日本海溝は、三陸沖から房総沖にかけて本州の太平洋岸に平行するようにある。房総沖であろうと、三陸沖であろうと、あるいは、福島県沖であろうと、日本海溝付近では、この種の津波地震は同じような確率で発生する可能性があると考えられた。過去400年の発生が3回であることから平均発生間隔を133年とし、今後30年以内の発生確率は20%程度と見積もられた。津波マグニチュードは8.2前後になると見込まれた。

 このとりまとめにかかわった島崎邦彦・東京大学名誉教授(地震学)は、岩波書店の月刊誌『科学』2011年10月号に寄稿した『予測されたにもかかわらず、被害想定から外された巨大津波』で次のように書いている。

 海溝の北部、中部、南部には、地形など、大きな違いは見られない。よって、津波地震は、日本海溝のどこでも発生すると判断した。プレートの沈み込みにより、北部と南部だけで津波地震が発生し、中部だけでは起こらないとは考えにくい。また、そのような主張(もしあれば)を支持する証拠もない。(中略)プレートテクトニクスにもとづけば当然の結論である。

拡大東京電力が東日本大震災の4日前に原子力安全・保安院に提出した文書=10月3日、東京・霞が関で

 福島県沖を含む日本海溝付近でマグニチュード8クラスの大規模な津波地震が発生する可能性が、政府機関によって具体的に指摘されたのだ。

 これを受けて、東電は、明治三陸沖地震(1896年)と延宝房総沖地震(1677年)が福島県沖で起きた場合のそれぞれの津波の高さを試算した。その結果を原子力安全・保安院に説明するために東電から保安院に渡されたのが、10月3日に開示された3月7日付の文書である。

 それによると、明治三陸地震の場合、その津波の水位は、福島第一原発の南側(海抜10メートル)で15.7メートル、福島第二原発(海抜12メートル)で15.5メートルに達すると試算された。延宝房総沖地震の場合は、福島第一原発の南側で13.6メートル、福島第二原発で14メートルと試算された。

 このうち、明治三陸地震が起きた場合の試算については8月24日に読売新聞の報道で発覚し、東電原子力・立地本部の松本純一本部長代理は当時、次のよう述べて「あくまで試算」と強調していた。

 こちらはあくまで例えば福島県沖で明治三陸沖地震が発生したというような場合の試算でございまして、それをもって津波の想定をしていたというものではないという認識でございます。
 地震本部のほうから三陸沖から房総沖の海溝沿いにどこでも地震が発生しうるというようなことが提示されまして、その際に福島県沖では当然地震の空白域でございましたので、そこにどういう地震を想定すべきかというようなところについては私どもではなかなか決めかねるというところがあって、今回の試算の1個でございますが、三陸沖地震をもとに試算をしてみた。
 実際これをもとにいわゆる津波評価はどう行うかというようなところが難しいということで、土木学会さんのほうに津波評価技術を見直してもらいたいということで、経営層のほうにお諮(はか)りしましてその結果をもとに、土木学会さんのほうにお願いをしたというところでございます。
 

 3月7日に東電から保安院に渡された文書によると、その土木学会の津波評価部会では昨年12月7日、政府の地震調査委員会から発生の可能性を指摘された日本海溝付近(南部)の津波地震について、1677年の房総沖地震を参考に「設定」する方針が示され、異論は出なかったという。すでに明るみに出ていた明治三陸沖地震の場合の試算に比べ、房総沖地震の場合の試算では、津波水位は低いが、それでも原発の敷地が浸水する。しかも、それは「あくまで試算に過ぎない」というようなものではなく、土木学会の内諾が得られ、いずれ正式なものになれば、それを想定しての対応を迫られるものだったということがいえる。

 3月7日付の文書には次のような記載があった。

 平成24年10月 津波評価技術の改訂版公表 → 発電所の津波評価
 

 ここに言う「津波評価技術の改訂版」というのは、土木学会が2002年に

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 朝日新聞編集委員。
 1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部などを経て特別報道部。『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
 著書に『内部告発の力 公益通報者保護法は何を守るのか』(現代人文社、2004年4月)、『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書、2011年6月)、『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)。共著に『偽装請負』(朝日新書、2007年5月)、『ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか』(同、2008年9月)、『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版、2012年12月)など。
 ツイッターはhttps://twitter.com/okuyamatoshi
 ご連絡は okuyamatoshihiro@gmail.comに。メールの内容を暗号化する場合はPGPで。パブリックキーのIDは7D2BAD43550EAD96

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。