メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

小沢一郎議員初公判6日に 政界の実力者は何を語る?

 検察審査会という「民意」による初めての裁判が6日、東京地裁(大善文男裁判長)で始まる。刑事裁判史上に残る法廷の主役は、政界に大きな影響力を持ち続けてきた民主党元代表の小沢一郎被告(69)だ。元秘書らの有罪判決を受けて、検察官役の指定弁護士と無罪を主張する小沢氏側の攻防は、激しさを増す。問題となった土地取引について、小沢氏はどう説明するのか。この裁判で問われるものは――。

  ▽この記事は2011年10月5日の朝日新聞に掲載されたものです。

  ▽関連資料: 元秘書らに有罪を言い渡した9月26日の東京地裁判決の要旨

  ▽関連記事: 小沢一郎議員 記事一覧

 

 ■虚偽記載:4億円の流れ焦点

 「陸山会が

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。