メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

東電原発ひび割れ隠しを内部告発した元GE社員が来日、福島を訪問

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 米国の原子炉メーカー「ゼネラル・エレクトリック」の元社員で、東京電力福島第一原発1号機の原子炉ひび割れ隠しを通産省に内部告発し、2002年に日本の原子力業界を揺るがせた日系米国人ケイ・スガオカさん(59)が20日、8年ぶりに来日した。21日に同原発周辺の警戒区域の中を歩き、「いろいろなものが吹き飛ばされた」と感じたという。そして、「原子力には透明性が必要。隠蔽をやめなければならない」と改めて語った。

  ▽筆者:奥山俊宏

  ▽この記事は2011年10月22日の朝日新聞夕刊に掲載された原稿に加筆したものです。

  ▽関連記事: 東京電力本店からの報告

 

 スガオカさんは米カリフォルニア州に住み、GEのために働いていたが、1998年に解雇され、2000年6月、福島第一原発1号機のひび割れ隠しを告発する手紙を日本の通産省(現・経産省)に送った。ところが、東電社員はウソをついて、ひび割れ隠しを否認。通産省は、スガオカさんの話を聴くことなく、東電に告発の情報を伝えていた。東電と原子力安全・保安院は2002年8月になって、トラブル隠しの数々をやっと公表し、その遅れを批判された。

 福島第一原発から18キロ離れた福島県楢葉町に住み、いわき市に避難している友人の栃久保寿治さん(57)の招きで、スガオカさんは今回、来日した。今は警戒区域となっている福島県の浜通りは、スガオカさんにとって、1970年代後半から約20年にわたって毎年のように訪れた地。栃久保さんら友人が多数いて、「第2のホーム」だったという。

拡大8年ぶりに来日したケイ・スガオカさん=21日夕、福島県いわき市小名浜大原で

 21日、栃久保さんとと

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 朝日新聞編集委員。
 1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部などを経て特別報道部。『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
 著書に『パラダイス文書 連鎖する内部告発、パナマ文書を経て「調査報道」がいま暴く』(朝日新聞出版、2017年11月)、 『内部告発の力 公益通報者保護法は何を守るのか』(現代人文社、2004年4月)、『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書、2011年6月)、『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)。共著に『偽装請負』(朝日新書、2007年5月)、『ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか』(同、2008年9月)、『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版、2012年12月)など。
 ツイッターはhttps://twitter.com/okuyamatoshi
 ご連絡は okuyamatoshihiro@gmail.comに。メールの内容を暗号化する場合はPGPで。パブリックキーのIDは7D2BAD43550EAD96

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。