メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

オリンパスのウッドフォード元社長が来日へ「警視庁、東京地検、証券監視委の捜査に協力」

 オリンパスの巨額不正経理を内部告発した同社元社長のマイケル・ウッドフォード氏(51)が23日、来日することになった。同氏が朝日新聞に明らかにした。証券取引等監視委員会、警視庁、東京地検の担当者に会い、情報を提供するという。同氏が来日するのは、10月に社長を解任されて離日してから初めて。

  ▽この記事は2011年11月18日の朝日新聞朝刊に掲載されたものです。


 ウッドフォード氏に

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。