メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

オリンパス:過去の損失計上先送りに関する11月8日の記者会見の一問一答

 不正経理を認めるオリンパスの緊急記者会見は11月8日午後零時半から1時間26分余にわたって京王プラザホテルで開かれた。その際のやりとりは次の通り。

拡大損失計上先送りに関して会見するオリンパスの高山修一社長=11月8日午後0時30分、東京・新宿、河合博司撮影

 司会:それでは定刻でございますのでこれより記者会見、始めさせていただきます。本日はご多用のところ、また再三にわたりまして記者会見にお集まりいただきまして大変恐縮でございます。ありがとうございます。お手元にですね、本日朝配布いたしました「過去の損失計上先送りに関するお知らせ」、ならびに12時に配布いたしました「第三者委員会の調査対象拡大および人事異動のお知らせ」、この2点の資料がセットにさせていただいたと思います。本日はこれに基づきまして当社代表取締役社長執行役員の高山修一よりご説明を申し上げたいと思います。

 高山社長: オリンパス株式会社代表取締役社長執行役員、高山修一でございます。たび重なる会見にお運び頂きまして、こころよりお詫び申しあげます。

 前回10月27日の会見におきまして申しあげたことと異なる事実が判明いたしましたので、ここにお詫びを申し上げ、ご報告をいたします。

 今回の一連の経緯につきましては過去の損失計上を先送りしたことによるものと判明をいたしました。たいへん申し訳ございません。

拡大会見で頭を下げるオリンパスの高山修一社長=11月8日午後0時38分、東京都新宿区・京王プラザホテル、金子淳撮影

 これより座らせて頂きます。

 まず本日、8時44分に「過去の損失計上先送りに関するお知らせ」と題する適時開示を行いました。こちらの内容をまずご説明いたします。

 11月1日付で「第三者委員会設置のお知らせ」というタイトルのプレスリリースをいたしました。この内容に沿いまして、当社は現在、過去の買収案件に関する事実の真相究明を行うべく、第三者委員会による調査に対し、情報提供等の全面的な協力を行っております。

 昨日、夕刻でございますが、当社森取締役より報告を受けました当社が1990年代ころから、有価証券投資等に係る損失計上の先送りを行っており、ジャイラス・グループPLC買収に際し、アドバイザーに支払った報酬や優先株の買い戻しの資金、ならびに、国内新事業3社――これは具体的には株式会社アルティス、NEWS CHEF株式会社、株式会社ヒューマラボでございます――その3社の買収資金が複数のファンドを通すなどの方法により、損失計上の先送りによる投資有価証券等の含み損を解消するためなどに利用されていたことが判明をいたしました。昨日夕刻、森取締役による報告を受けたわけです。これが報告の一件目でございまして、本日朝、東京証券取引所に適時開示をさせていただきました。

 次にこの事実を受けましての当社の対応につきましてご説明申し上げます。お手元にお配りをいたしました「第三者委員会の調査対象拡大、および人事異動のお知らせ」をごらん頂きたいと思います。このような事態を受けて、当社は第三者委員会に対して、これらの損失先送りに関わる事実確認につきましても、明示的に調査対象として頂くよう依頼を申し上げ、ご了解を頂戴いたしました。また本日の取締役会におきまして、この損失計上の先送りに関わっていたことが判明しました取締役副社長執行役員の森久志を本日付で副社長執行役員から解職する決定をいたしました。山田監査役におきましても辞意を表明されております。当社といたしましては今後、第三者委員会の調査に対する徹底した情報の提供を約束いたしまして真相究明をすべく最善を尽くして参ります。本件に関してさらに追加でご報告を申し上げるべき事実が判明したときには、すみやかに開示をいたします。株主の皆さま、投資家の皆さま、お取引先の皆さま、消費者の皆さま、関係者の皆さまにご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申しあげます。

 私からは以上でございます。ありがとうございました。

 司会:はい、事実判明から時間が経っていないということもありまして、手短かな報告となりましたけれども、ご質問等多々あろうかと思いますので順にお受けいたしたいと思います。多数おありだと思いますが一人1問ずつまずお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

 ――男性記者:日経田中です。これは損失隠しに当たると思うが、これいつからどのくらいの規模でこれまでやられたのか、そしてあのここでは森副社長とそれから山田さんの名前しかあがってないんですけれども、他にも名前が挙がっている方が報道ベース含めていると思うんですが、本当にこのお二人だけなのか、そしてどういうスキームで損失を先送りしていたのかそこまで含めて教えてください。

 司会:すいません、一つずつ整理していきたいと思います。まず一つ目はいつからどのくらいの規模で行われていたのか、こういうご質問でございますが。

 高山社長:先ほどご説明した内容も踏まえておりますが、1990年代ということは分かっています。昨日も第三者委員会に報告を進めてきております。現在、昨日の段階では、全ての資料が第三者委員会には提示できておりません。従いまして、第三者委員会にお出しした資料ですね、昨日もかなり夜遅くまでやっていただきましたけれども、その結果をもちまして、全体の数字的にはですね、みなさまにご報告をさしていただきます。

 それから責任者ですね?

拡大会見するオリンパスの高山修一社長=11月8日午後1時13分、東京都新宿区・京王プラザホテル、金子淳撮影

 司会:えぇ、他に名前があがっている人がいるのではないかという質問。

 高山社長:あのー、今回のですねこの一件に関わる責任者につきましては、社長取締役の菊川、山田、森の3人でございます。あの、今お話にありましたように、あのまあ雑誌等ではですねあの他にも名前があったかと思いますけれども、現在のところですね私の認識としては、十分認識をしておりませんので、それも実は第三者委員会の中ですでに調査を始めていただいておりますので、その結果をもちましてその他の責任のある人物につきましてはですね、みなさまにご報告を申し上げていくそういったつもりでおります。

 ――男性記者:金額については?

 高山社長:今は申し上げることが出来ません。あの第三者委員会の結果を見ませんと、それについてはお答えすることができません。大変申し訳ございません。

 ――男性記者:投資有価証券ということなんですけど、御社は特金等含めて、過去いろいろ損失一括処理をしていたこともあると思うんですが、どういう損失がどういう有価証券なのか、そしてあと2000年の3月期にGCニュービジョンベンチャーズ(G.C. New Vision Ventures L.P.)というケイマンのファンドを作られてますけれども、こういうファンドがまあその起点になっているのかどうか、現時点でわかってる分だけでも教えてください。

 高山社長:各ファンドがいくつかございまして、あの全てのですねファンドにつきまして調査できていません。今あのお話ございましたGCベンチャーですね、これは関係している可能性はございますが、それも実は昨日、情報をですね、第三者委員会に提出したところでございます。

 ――男性記者:これすいませんえっと対象会社にITXは含まれていないんでしょうか? 今回国内3社とジャイラスしか入ってませんけど、御社これまでかなり買収やってきたと思うんですが、他の買収会社についてはどうでしょう?

 高山社長:あのこの件はですね第三者委員会に渡した資料、ここをですね、まず明確にした上で、お答えをさせていただくようにしたいと思っております。ここであの軽率に「関係ある」とか「ない」とかですね申し上げる十分状況ではございませんので、大変申し訳ないと思いますがよろしくお願いいたします。

 ――女性記者:日経新聞の○○と申します。高山社長、就任から手続きとか金額とかについてですね、「適正だ」というふうに一貫してきょうまでおっしゃってきたと思うんですが、なぜこのタイミングでこうした先送りを発表したのか。よろしくお願いいたします。

 高山社長10月27日に記者会見した際に、私が「適正である」と申し上げました。しかしさくじつの夕方ですね、森副社長がですね、「実はこういう話がある」ということをさくじつの夜にいたしまして、この内容が極めて重大であるという判断をいたしましたことによりましてですね、本日の会見に至っております。私としては、新しい事実が明らかになった時点から、出来るだけ早く開示させていただきたいと考えていますし、特に今回の経緯は前回私が申し上げたことに対して内容的にはですね、異なる、事実となりますので、これは重要な内容であるということでですね、本日会見を開いた次第です。

 ――女性記者:先ほどですね質問のなかでも、森前副社長とあと菊川さんも今回判明しているということでお名前が挙がってますけれども、きょうの森さん解職はあるが、菊川さんの処遇についてはどのようになっているんでしょうか。

拡大会見するオリンパスの高山修一社長=11月8日午後1時55分、東京都新宿区・京王プラザホテル、金子淳撮影

 高山社長菊川につきましては、前回すでに解職をいたしました。従いまして、今回はですね、解職というような形にはいたしませんでした。前回しておりますのでこれ以上はしていないということです。

 ――今後は何かあるんでしょうか?

 高山社長:今後ですね、第三者委がおそらく適切な開示をしていただけるものと考えております。この内容が明確になったところで、ただいま申し上げましたいわゆる責任者ですね、それ以外

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。