メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

小沢氏「知らぬ」「秘書任せ」繰り返す

1月10日午後、指定弁護士の追及にいらだちも

 「報告は受けていない」。10日午後も東京地裁で続いた被告人質問で、民主党元代表・小沢一郎被告(69)は政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を繰り返し否定した。一方で、自ら資金管理団体の代表を務めながら、会計責任者の元秘書を監督しきれていなかったことは認めた。検察官役の指定弁護士からしつような追及を受け、いらだちを見せる場面もあった。

  ▽筆者:其山史晃、長谷文、杉浦幹治

  ▽この記事は2012年1月11日の朝日新聞朝刊に掲載されたものです。

  ▽関連記事:小沢一郎議員 記事一覧

 

拡大

 午後から質問に立った大室俊三・指定弁護士は冒頭、午前中に

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。