メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

オリンパス高山社長、他社との資本提携に後ろ向きに「資本増強をしない選択肢もありうる」

2012年2月13日に開かれたオリンパスの高山社長らの記者会見のやりとりの抜粋

 オリンパスの高山修一社長と川又洋伸取締役は2月13日、東京・大手町の大手町サンケイプラザ3階で記者会見し、今年度の第3四半期決算(昨年10月から12月までの期間の決算)を発表した。他社との資本提携については、高山社長は、前回の記者会見とはうってかわって消極的な姿勢を示した。記者会見での主なやりとりは以下の通り。

  ▽注:記者会見の録音を聞き起こすにあたって、聞き取れなかった部分は「〓〓」などと表示しました。

 

拡大記者会見するオリンパスの高山社長=2月13日午後4時5分、東京都千代田区大手町で

 高山社長:すでにご承知のとおり、当社株式は、平成24年1月21日付けで東京証券取引所より、監理銘柄指定を解除されるとともに、特設注意市場銘柄に指定をされております。これにより、当社株式の上場を維持していただいたわけでございますが、当社としては、このたびの特設注意市場銘柄指定を厳粛に受け止めまして、引き続き、当社のコーポレートガバナンスの徹底強化を実現すべく、改革を進めて参りたいと思っております。すでに、一年での特設注意市場銘柄指定解除を目指して、上場審査プロジェクトのチームを立ち上げました。専門家のご協力を得ながら、取り組みをスタートしております。また、新経営陣の候補者の選定につきましても、現在、指名委員会において、急ピッチで検討を進めさせていただいております。これにつきましては、決定次第候補者を速やかに発表させていただき、先般ご案内を申し上げました、4月20日開催の臨時株主総会において、株主の皆様の信任をいただく予定でございます。

 今回の第3四半期決算のポイントにつきまして、触れたいと思います。この第3四半期は、さらなる円高、欧州経済の悪化など、厳しい経営環境に加え、当社については、損失計上先送りに関する一連の問題の影響を心配しておりましたが、皆様のご理解をいただき、おかげさまでこの10月から12月のこの期の事業につきましては、医療事業を中心にたいへん堅調な実績となりました。あわせて本日、年間の業績見通しを発表しました。震災、円高、タイの洪水など、多くのマイナス影響を吸収しながら、年間ベースでも昨年と同水準の売上高、営業利益まで回復する見込みでございます。

 ――男性記者:TBSの

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。