メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

ウッドフォード元オリンパス社長「何も変わっておらず、事態は悪化」

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 社内で不正経理疑惑を追及したところ逆に社長を解任されたオリンパス元社長のマイケル・ウッドフォード氏が20日に開かれる同社の臨時株主総会出席のため、17日朝、来日した。「オリンパスは何も変わっておらず、事態は悪化している」と朝日新聞記者に語った。

  ▽筆者:奥山俊宏

  ▽この記事は2012年4月19日の朝日新聞に掲載された原稿に加筆したものです。

  ▽関連記事:   オリンパスに関連する記事の一覧

拡大著書『解任』を手渡され、初めて手に取ったウッドフォード氏=4月17日午前9時13分、成田空港で

 オリンパスの新しい社長に就く笹宏行執行役員についてウッドフォード氏は「いい人だ。しかし、『いい人』に会社を経営してほしくはない。オリンパスには強いリーダーシップとリストラが必要だ。彼は何人の人を解雇したことがあるというのか?」と語った。

 会長の候補になっている木本泰行・元三井住友銀行専務については「低侵襲手術について彼は何を知っているのか。医療ビジネスについてどう理解しているのか?」と疑問を投げかけ、「そのビジネスで経験がある人間が必要だ」と付け加えた。

 オリンパスの主取引銀行で株主でもある三井住友銀行に怒りを隠さなかった。「私が不正を明らかにしたときにそれを支持せず、(社内にいる)イエスマンの批判もしなかった。あきれるほどひどかった。今や彼らがオリンパスをコントロールしている」

 

 また、不正経理の一端に関与した人物が財務本部長に就任したことなどを取り上げ、「過去のしがらみのある人が会社の重要な地位にいる。『これが日本だ』と一般化されれば、オリンパスの将来にとっても日本の将来にとっても悪影響が出る」と懸念を示した。

 社内で不正経理疑惑を追及したところ逆に社長を解任され、内部告発者となった一連の経緯について、著書『解任』にまとめ、今月12日、早川書房から出版した。「まるで怪奇小説のようだが、これは事実。AIJなどの問題もあり、物語は終わっていない」

 今後

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 朝日新聞編集委員。
 1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部などを経て特別報道部。『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
 著書に『内部告発の力 公益通報者保護法は何を守るのか』(現代人文社、2004年4月)、『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書、2011年6月)、『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)。共著に『偽装請負』(朝日新書、2007年5月)、『ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか』(同、2008年9月)、『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版、2012年12月)など。
 ツイッターはhttps://twitter.com/okuyamatoshi
 ご連絡は okuyamatoshihiro@gmail.comに。メールの内容を暗号化する場合はPGPで。パブリックキーのIDは7D2BAD43550EAD96

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。