メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

「オリンパスが司法を無視」で社員が提訴

「勝訴確定後も仕事なく、孤立させられ、子会社への出向を求められる」

 精密機器メーカー「オリンパス」が、社員の配置転換を無効とする敗訴判決が最高裁で確定した後のこの2カ月余、この社員に仕事を与えず、子会社への転籍や出向を求め続けているとして、この社員が3日、同社を相手取って1500万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。原告側は「司法判断を無視している」と会社を批判している。

  ▽筆者:奥山俊宏

  ▽この記事は2012年9月4日の朝日新聞朝刊に掲載された原稿をもとに加筆したものです。

  ▽関連記事:   オリンパスに関連する記事の一覧

  ▽関連資料:訴状

 

拡大記者会見する浜田正晴さん=9月3日午後3時3分、東京都千代田区霞が関で

 訴訟を起こしたのは同社社員の

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。