メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

オリンパスの内部通報社員が提訴「配転無効の確定後に再び不当な異動」

 配置転換を無効とする判決が最高裁で確定したのに不利益な状態が続く異動を命じたのは不当だとして、オリンパス社員の浜田正晴さん(52)が11月29日、同社と総務人事本部長を相手取り、異動の無効などを求める訴訟を東京地裁に起こした。

▽筆者: 奥山俊宏

▽この記事は2012年11月30日の朝日新聞朝刊に掲載されたものです。

▽関連記事: オリンパスに関する記事の一覧

 

 営業

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。