メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューズ&コメンタリー

租税回避地の秘密ファイル 2.6TB 流出 露大統領周辺の資金の流れも

 カリブ海の英領バージン諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)に設立された21万余の法人に関する電子ファイルを、南ドイツ新聞(独ミュンヘン)と非営利の報道機関「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」(米ワシントンDC)が入手した。ICIJがファイルを分析したところ、中には、ウクライナのポロシェンコ大統領やサウジアラビアのサルマン国王、ロシアのプーチン大統領の友人らの関係会社の記録が含まれていた。ICIJはこれらの電子ファイルを「パナマ文書」(The Panama Papers)と名付け、4月3日(日本時間では4日午前3時)、朝日新聞を含む提携報道機関とともに報道を始めた。

▽この記事は2016年4月4日の朝日新聞に掲載された原稿に加筆したものです。

▽関連リンク: 国際調査報道ジャーナリスト連合のウェブサイト

▽関連記事: ルクセンブルク、課税密約文書の大量流出で激震

▽関連記事: タックスヘイブンに根を張る中国 党幹部親族の名も秘密ファイルに

 

拡大
 タックスヘイ

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。