メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出河 雅彦

出河 雅彦

出河 雅彦(いでがわ・まさひこ)

 朝日新聞記者。1960年生まれ。92年朝日新聞社入社。社会部などで医療、介護問題を担当。2002~2013年、編集委員。2013~2016年、青森総局長。医療事故や薬害エイズ事件のほか、有料老人ホームや臨床試験について取材。著書「ルポ 医療事故」(朝日新聞出版)で「科学ジャーナリスト賞2009」受賞。近刊の著書に「混合診療」(医薬経済社)、「ルポ 医療犯罪」(朝日新聞出版)など。

記事一覧

抗がん剤「臨床トライアル」の真の目的は何だったのか?

抗がん剤「臨床トライアル」の真の目的は何だったのか? (2018/10/19)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件に…続きを読む

臨床試験の被験者となっていたか否かで大学と患者の側が対立

臨床試験の被験者となっていたか否かで大学と患者の側が対立 (2018/10/01)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件に…続きを読む

国が提出した証拠を「虚偽」と断じた医師が内部告発者として登場

国が提出した証拠を「虚偽」と断じた医師が内部告発者として登場 (2018/08/13)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件に…続きを読む

計画書では「無作為比較試験」、国は「臨床試験ではない」と主張

計画書では「無作為比較試験」、国は「臨床試験ではない」と主張 (2018/07/28)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件に…続きを読む

「説明なしに患者を実験材料にしてはならない」妻の遺志で提訴

「説明なしに患者を実験材料にしてはならない」妻の遺志で提訴 (2018/06/22)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件に…続きを読む

医師の治療を「非人道的な行為」と非難した名古屋地裁判決

医師の治療を「非人道的な行為」と非難した名古屋地裁判決 (2018/02/02)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件に…続きを読む

選任が難航した鑑定人は規定違反の薬剤投与が死因と判断

選任が難航した鑑定人は規定違反の薬剤投与が死因と判断 (2018/01/20)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件に…続きを読む

「医師が黙って頰かむりでは病院の名誉に汚点」と元同僚医師を断罪

「医師が黙って頰かむりでは病院の名誉に汚点」と元同僚医師を断罪 (2018/01/10)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件に…続きを読む

「科学的な裏付けのない臨床試験で人権無視、患者死亡」賠償請求増額の経緯

「科学的な裏付けのない臨床試験で人権無視、患者死亡」賠償請求増額の経緯 (2018/01/02)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件に…続きを読む

「説明なしに被験者にされ、自己決定権が侵害された」と提訴

「説明なしに被験者にされ、自己決定権が侵害された」と提訴 (2017/12/22)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は、被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件…続きを読む

規制緩和派の「混合診療」拡大要求が矛盾を広げる

規制緩和派の「混合診療」拡大要求が矛盾を広げる (2017/11/16)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究では、研究に参加する被験者の人権の保護とデータの信頼性確保が欠かせない。日本では過去、被験者…続きを読む

高難度手術を医師の裁量に委ね、繰り返される医療事故

高難度手術を医師の裁量に委ね、繰り返される医療事故 (2017/11/07)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究では、研究に参加する被験者の人権の保護とデータの信頼性確保が欠かせない。日本では過去、被験者…続きを読む

患者・被験者の人権を保護するためには、臨床研究を管理する立法が不可欠

患者・被験者の人権を保護するためには、臨床研究を管理する立法が不可欠 (2017/10/31)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究では、研究に参加する被験者の人権の保護とデータの信頼性確保が欠かせない。日本では過去、被験者…続きを読む

臨床研究の管理は「人体実験」に目をそむけてスキャンダル対応の歴史

臨床研究の管理は「人体実験」に目をそむけてスキャンダル対応の歴史 (2017/10/24)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究では、研究に参加する被験者の人権の保護とデータの信頼性確保が欠かせない。日本では過去、被験者…続きを読む

来春施行の臨床研究法をどうみるか「形だけ整え、問題を矮小化」

来春施行の臨床研究法をどうみるか「形だけ整え、問題を矮小化」 (2017/10/17)

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究では、研究に参加する被験者の人権の保護とデータの信頼性確保が欠かせない。日本では過去、被験者…続きを読む

虎の門病院で薬の過量投与で患者死亡、薬剤師の責任 (2014/02/17)

 医師が出した処方箋(せん)の内容をチェックし、薬が正しく使われているか目を光らせるのが、薬剤師の仕事である。薬剤師法24条は「薬剤師は、処方せん中に疑わしい…続きを読む

歯科インプラント手術死亡事故の原因と結果、教訓 (2014/01/29)

 歯を失うことで低下した咀嚼能力の回復や審美性の改善などを目的に行われる歯科のインプラント治療。厚生労働省の2011年の調査では、歯科診療所の16.8%に当た…続きを読む

「不適切治療を前に対応できない現状」の改善を厚労省は拒否

「不適切治療を前に対応できない現状」の改善を厚労省は拒否 (2013/12/24)

 実際にはやっていない治療を実施したと偽って、生活保護を受けている患者の医療費を不正に請求する。がんでない患者をがんと誤診して、執刀経験のない肝臓の切除手術に…続きを読む

不要手術で死亡の疑い、医師の裁量権を前に告発断念

不要手術で死亡の疑い、医師の裁量権を前に告発断念 (2013/12/17)

 実際にはやっていない治療を実施したと偽って、生活保護を受けている患者の医療費を不正に請求する。がんでない患者をがんと誤診して、執刀経験のない肝臓の切除手術に…続きを読む

「医学生でも区別できるはずの良性腫瘍」を肝臓がんと誤診して不要な手術

「医学生でも区別できるはずの良性腫瘍」を肝臓がんと誤診して不要な手術 (2013/12/10)

 実際にはやっていない治療を実施したと偽って、生活保護を受けている患者の医療費を不正に請求する。がんでない患者をがんと誤診して、執刀経験のない肝臓の切除手術に…続きを読む