メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山中 政人

山中 政人

山中 政人(やまなか・まさと)

 西村あさひ法律事務所 シンガポール事務所 共同代表。
 2002年より弁護士業務を開始し、三井安田法律事務所、外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ、三宅坂総合法律事務所を経て、2008年西村あさひ法律事務所に入所。公募、第三者割当、グローバル・オファリングなど、キャピタルマーケット業務を専門的に手がけ、日本の企業のグローバル・オファリング、韓国、台湾、香港、シンガポールでのIPOに関与する。2011年より2012年まで香港のノートン・ローズ法律事務所に出向した後、2012年2月より西村あさひ法律事務所シンガポール・オフィスにて執務開始。M&A、ジェネラル・コーポレート、ファイナンスなど日本企業のアジア展開を幅広くサポート。

記事一覧

シンガポールとマレーシアの会社法改正 より投資しやすくするために

シンガポールとマレーシアの会社法改正 より投資しやすくするために (2017/09/27)

  シンガポールとマレーシアでの会社法改正  ―より投資し易く、より安全な国を目指し   西村あさひ法律事務所シンガポール事務所 共同代表弁護士 山…続きを読む

シンガポールのプライベート会社の株式譲渡・担保設定と日本との違い

シンガポールのプライベート会社の株式譲渡・担保設定と日本との違い (2017/01/04)

 中国経済の変調はあっても、シンガポールの経済は相変わらず堅調のようだ。日本企業による現地企業の買収やファイナンスも活発とされる。国が変われば、商慣習や取引ル…続きを読む

シンガポール個人情報保護法案の国会提出へ (2012/10/31)

 消費者情報などを利用するビジネスと個人情報保護のバランスをどうとるかは、どの国でも大きなテーマだ。アジアでも個人情報保護強化の機運が高まり、日本企業が多数進…続きを読む

香港企業を買収する際に注意すべき法規制 (2012/02/22)

 世界的な不況の中でも活況が目立つ香港。そこを足場に中国、東南アジアの活力取り込みを目指す日本企業は少なくない。その香港への進出方法として注目されるのが現地の…続きを読む

企業の資金調達、ライツ・イシューも選択肢に?

企業の資金調達、ライツ・イシューも選択肢に? (2011/02/02)

 既存株主に新株を買う権利(新株予約権)を無料で配る「ライツ・イシュー」を行いやすくするための金融商品取引法改正の検討が進められている。公募増資や第三者割当増…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1