メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太田 洋

太田 洋

太田 洋(おおた・よう)

 1991年、東京大学法学部卒業、1993年に弁護士登録(司法修習45期)。2000年、ハーバード・ロースクール修了(LL.M.)、2001年に米国NY州弁護士登録。2001年~2002年に法務省民事局付(参事官室商法改正担当)、2007年に経済産業省「新たな自社株式保有スキーム検討会」委員。2013年~2016年に東京大学大学院法学政治学研究科教授。
 現在、西村あさひ法律事務所パートナー、日本化薬(株)社外取締役、電気興業(株)社外取締役、日本取締役協会幹事、同協会コーポレート・ガバナンス委員会副委員長、金融審議会ディスクロージャーWG委員。
 近著に『会社法実務相談』(商事法務、共編著、2016年)、『M&A・企業組織再編のスキームと税務〔第3版〕』(大蔵財務協会、共編著、2016年)。

記事一覧

投資家vs.国家の紛争を解決するためのTPPのISDS条項

投資家vs.国家の紛争を解決するためのTPPのISDS条項 (2016/01/20)

 12カ国、8億人の巨大市場でビジネスがしやすくなる、とされる環太平洋経済連携協定(TPP)。海外進出企業の投資を守るルールも導入された。進出先の政府の不当な…続きを読む

課税逃れ防ぐ「出国税」の導入と課題

課税逃れ防ぐ「出国税」の導入と課題 (2015/02/04)

 昨年暮れに取りまとめられた平成27年度税制改正大綱では、移住目的で出国する際に保有株式の含み益に所得税を課す「出国税」の導入が盛り込まれた。富裕層が、多額の…続きを読む

租税回避監視を強化した新税制のメカニズムと問題点 (2012/08/08)

 国税当局による海外取引をめぐる租税回避監視の目が一層厳しくなる。その武器として創設された「過大支払利子税制」は、現状の移転価格税制や過小資本税制では捕捉され…続きを読む

課徴金と株主代表訴訟、その危険な連鎖 (2011/08/17)

 独占禁止法や金融商品取引法違反で課徴金処分を受けた企業の取締役らが、違法行為による損害を防げなかったなどとして、株主代表訴訟を起こされるケースが増えている。…続きを読む

新年度税制改正と移転価格税制の新たな原則

新年度税制改正と移転価格税制の新たな原則 (2011/03/09)

  企業が海外取引を通して課税所得を国外に移転することを防ぐための制度である「移転価格税制」で用いられる「独立企業間価格」を算定する際の原則を大きく変える法案…続きを読む

自社株を対価とする他社買収の規制緩和、産業活力再生法改正への期待 (2011/01/19)

 自社株を対価として他の会社を買収するには現状、さまざまな障害がある。自社株を用いた他社株の公開買い付け(TOB)も制度上は不可能ではないが、日本国内では現実…続きを読む

民主党政権下での「公開会社法」検討、企業統治強化の方策は?

民主党政権下での「公開会社法」検討、企業統治強化の方策は? (2010/08/04)

 民主党が制定を検討してきた「公開会社法」に経済界の関心が集まっている。制定されれば、日本の上場企業、そして資本市場の在り方に大きな影響を与えることが必至だか…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1