メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郷原 信郎

郷原 信郎

郷原 信郎(ごうはら のぶお)

 1977年東京大学理学部卒業。1983年検事任官。公取委事務局審査部付検事、東京地検検事、広島地検特別刑事部長、長崎地検次席検事、法務省法務総合研究所総括研究官などを経て、2006年検事退官。2008年 郷原総合法律事務所開設。名城大学教授、総務省顧問・コンプライアンス室長などを歴任。2012年から関西大学特任教授。専門は、組織のコンプライアンス、経済刑法、独禁法制裁制度論。

記事一覧

高血圧薬ディオバン問題、難航する真相解明 検察、公取委の出方は?

高血圧薬ディオバン問題、難航する真相解明 検察、公取委の出方は? (2013/08/26)

 製薬大手「ノバルティスファーマ」(以下、「ノ社」と略称)の高血圧治療薬・ディオバンに「血圧を下げる効果を超えた作用がある」とした大学の臨床研究論文にデータ操…続きを読む

郷原氏の語る九電・眞部社長との対立の原点と古川知事との接触の真相

郷原氏の語る九電・眞部社長との対立の原点と古川知事との接触の真相 (2011/12/09)

 九州電力玄海原発(佐賀県)の運転再開をめぐる九電の「やらせメール」問題が迷走している。九電経営陣は、自らが委託した社外有識者による第三者委員会の「古川康佐賀…続きを読む

郷原氏の語る九電反撃の内実「経営者の暴走はどこまで続くのか」

郷原氏の語る九電反撃の内実「経営者の暴走はどこまで続くのか」 (2011/11/17)

 九州電力玄海原発(佐賀県)の運転再開をめぐる九電の「やらせメール」問題が迷走している。九電経営陣は、自らが委託した社外有識者による第三者委員会の「古川康佐賀…続きを読む

郷原弁護士「九電は公益企業として説明責任果たせ」

郷原弁護士「九電は公益企業として説明責任果たせ」 (2011/11/04)

 九州電力玄海原発(佐賀県)の運転再開をめぐる九電の「やらせメール」問題が迷走している。九電経営陣は、自らが委託した社外有識者による第三者委員会の「古川康佐賀…続きを読む

郷原氏の語る東電の将来「送電施設を国に売って賠償原資に」

郷原氏の語る東電の将来「送電施設を国に売って賠償原資に」 (2011/04/30)

 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、日本経済を揺るがし、電力事業と政府のあり方を根本から問い正そうとしている。原発事故の被害者らの損害はどのようにして誰が…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1