メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松原 大祐

松原 大祐

松原 大祐(まつばら・だいすけ)

 2000年京都大学法学部卒業、2001年弁護士登録、2012年デューク大学ロースクール卒業(LL.M.)、2013年ニューヨーク州弁護士登録。現在西村あさひ法律事務所パートナー。
 国内外のM&A、組織再編、資本・業務提携、会社関係訴訟をはじめコーポレート分野の案件を幅広く取り扱う。

記事一覧

契約条項が不当と判断される基準は何か

契約条項が不当と判断される基準は何か (2014/04/03)

 いわゆる悪質業者により被害を蒙った消費者の救済に役立つと期待される一方で、企業活動への懸念も指摘されている日本版クラスアクション制度。松原大祐弁護士が、携帯…続きを読む

活発化の兆し見えるアクティビスト株主

活発化の兆し見えるアクティビスト株主 (2013/11/27)

 今年の株主総会におけるアクティビスト(物言う株主)の動きは、表面上、限定的だったが、水面下では、活動が再び活発化する兆しが窺える。外国人株主の株式保有比率は…続きを読む

非友好的TOBの攻防の鍵、株主名簿閲覧をめぐる最近の判例傾向を探る

非友好的TOBの攻防の鍵、株主名簿閲覧をめぐる最近の判例傾向を探る (2013/03/06)

 非友好的公開買付け(TOB)において対象会社の株主からの応募を勧誘する目的などで、株主名簿の閲覧・謄写請求がなされ、対象会社がそれを拒否して争いになるケース…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1