メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘中 聡浩

弘中 聡浩

弘中 聡浩(ひろなか・あきひろ)

 1993年、東京大学法学部卒業、1996年、弁護士登録(司法修習48期)。2003年、ハーバード・ロースクール修了(LL.M.)、2004年、ニューヨーク州弁護士登録。1998~2000年、横浜地方裁判所判事補任官、2003~2004年、アーノルド・アンド・ポーター法律事務所(ワシントンDC)勤務。2007年から西村あさひ法律事務所パートナーとして、国内・国際訴訟、国際仲裁、租税訴訟等を担当。  著作としてYasuhei Taniguchi, et al. eds, Civil Procedure in Japan (Revised 2d ed.)(執筆分担、Juris Publishing, 1999-2009(Binder/Looseleaf))、藤倉皓一郎=小杉丈夫編『衆議のかたち アメリカ連邦最高裁判所判例研究(1993-2005)』(執筆分担、東京大学出版会、2007年)、『租税法概説』(共編著、有斐閣、2011年)、『移転価格税制のフロンティア』(共編著、有斐閣、2011年)、『国際租税訴訟の最前線』(共編著、有斐閣、2010年)など。

記事一覧

米国外で利用・濫用される米国のディスカバリーの脅威

米国外で利用・濫用される米国のディスカバリーの脅威 (2013/12/25)

 当事者の求めに応じて相手方や第三者に証拠の提出を義務付ける米国の証拠収集手続「ディスカバリー」。日本の裁判所で争われている訴訟や米国外での国際仲裁であっても…続きを読む

輸出企業と米国裁判管轄 グッドイヤーダンロップ事件で考える (2011/12/21)

 製造物責任訴訟で原告となる消費者側に有利な手続が保障されている米国の裁判所。日本の輸出企業にとって、米国での裁判を強いられるかどうかは、訴訟の行方を大きく左…続きを読む

国際仲裁で失敗しないために 紛争解決の鍵は?

国際仲裁で失敗しないために 紛争解決の鍵は? (2011/05/25)

 わが国の外国での企業活動に伴う民事紛争の有力な解決の手段である国際仲裁手続。外国の仲裁判断の承認・執行を多国間条約で多数の国が認め合うことで実効性を担保して…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1