メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥山 忠信

奥山 忠信

奥山 忠信(おくやま・ただのぶ)

 1950年生まれ。東北大学経済学部卒業。東北大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。同後期課程単位修得。経済学博士。埼玉大学経済学部教授、上武大学学長を経て、現在、埼玉学園大学経済経営学部教授。
 著書『貨幣理論の現代的課題――国際通貨の現状と展望』(社会評論社、2013年)、『ジェームズ・ステュアートの貨幣論草稿』(社会評論社、2006年)、『富としての貨幣』(名著出版、2000年)、『貨幣理論の形成と展開-価値形態論の理論史的考察』(社会評論社、1990年)、『ジェームズ・ステュアート「経済学原理草稿」-第3編貨幣と信用-』(奥山・古谷豊共編著、御茶の水書房、2007年)、『金の魅力 金の魔力』(奥山・高橋靖夫共著、社会評論社、2002年)など。

記事一覧

「ブタ積み」された不換紙幣の価値とアベノミクス

「ブタ積み」された不換紙幣の価値とアベノミクス (2014/02/03)

アベノミクスと貨幣数量説   埼玉学園大学教授 奥山忠信  2年間で貨幣量を2倍にして、2%の物価の上昇をもたらす。言うまでもなく、アベノミクスと呼ばれる経済…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1