メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生島 隆男

生島 隆男

生島 隆男(しょうじま・たかお)

 2001年3月、東京大学法学部卒。2005年10月、司法修習(58期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)、当事務所入所。2011年5月、米国University of Southern California (LL.M.)。2011年9月から2013年3月まで豪ブリスベンのClayton Utz法律事務所勤務。2012年1月、 ニューヨーク州弁護士登録。2013年4月、当事務所復帰。
 論文に「評判だけではない!司法の動きにも注目した製品事故対応」(ビジネス法務 2008年11月号)(共著)、「各国のコーポレートガバナンス<第24回>オーストラリア」(月刊監査役 No.616 2013年8月号)、「Electricity system reform」 (Power Law (Newsletter of the IBA Legal Practice Division), September 2013)。

記事一覧

豪ブリスベンでの弁護士生活:オーストラリアの自然がもたらすもの

豪ブリスベンでの弁護士生活:オーストラリアの自然がもたらすもの (2014/02/24)

オーストラリアの自然がもたらすもの   アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 生島 隆男  はじめに  米国留学を終えた後の2011年9月から…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1