メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川 智也

石川 智也

石川 智也(いしかわ・のりや)

 2005年に東京大学法学部第一類卒業、2006年に弁護士登録(司法修習59期)。2015年にバージニア大学ロースクール卒業(LL.M.)、2016年にミュンヘン知的財産法センター卒業(LL.M.)、同年にNoerr法律事務所ミュンヘンオフィス勤務。2017年に米国NY州弁護士登録。現在、西村あさひ法律事務所パートナー。
 データの保護と利活用に関する法制度を専門としており、日本の個人情報保護法・GDPRをはじめとするグローバルでのデータ規制への対応について多くの日本企業へのアドバイスに従事。
 近著に『個人情報保護法制と実務対応』(商事法務、共編著、2017年)、『資本・業務提携の実務〔第2版〕』(中央経済社、共編著、2016年)、『秘密保持契約の実務 作成・交渉から平成27年改正不競法まで』(中央経済社、共著、2016年)。

記事一覧

カリフォルニア州消費者プライバシー法制定と日本企業の実務対応

カリフォルニア州消費者プライバシー法制定と日本企業の実務対応 (2018/10/10)

 2018年6月28日に成立したカリフォルニア州消費者プライバシー法は、個人情報保護の動きの高まりを受けて、個人情報全般を包括的に保護することを米国で初めて試…続きを読む

EUデータ保護規則強化で日本企業が受ける影響と対策

EUデータ保護規則強化で日本企業が受ける影響と対策 (2016/02/17)

 域内の個人データについて日本とのやりとりを原則禁じている欧州連合(EU)で、さらに、ルールを整理・強化したEUデータ保護規則が早ければ2018年春にも発効す…続きを読む

データ保護と利活用のバランスをとる法改正

データ保護と利活用のバランスをとる法改正 (2014/03/19)

 個人情報がデータ化されサーバーに蓄積されるビッグデータ時代。事業者側ではデータの更なる有効活用を主張する一方、データの利用拡大によるプライバシー侵害などを懸…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1