メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古川 元晴

古川 元晴

古川 元晴(ふるかわ・もとはる)

 1941年、神奈川県生まれ。1964年、司法試験合格。1965年、東京大学法学部卒業。1967年に検事に任官し、法務省刑事局総務課長、官房総務審議官、内閣法制局参事官、最高裁判所司法研修所上席教官、京都地検検事正などを歴任。2001~2011年、公証人。2011年から弁護士。

記事一覧

3・11原発過酷事故と東京電力の刑事責任

3・11原発過酷事故と東京電力の刑事責任 (2014/03/10)

3・11原発過酷事故と東電等の刑事責任     ―「未知の危険」と「危惧感説」の再評価―   「法の支配」実務研究会代表 弁護士 古川 元晴  (は…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1