メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村 慎二

中村 慎二

中村 慎二(なかむら・しんじ)

 1999年3月、東京大学法学部卒。2000年10月、司法修習(53期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)、当事務所入所。2006年5月、公認会計士登録。2008年5月、米国University of Illinois - Urbana-Champaign 卒業 (Master of Science in Accountancy with Certificate for Academic Excellence)。2008年6月から2009年7月まで米国KPMG LLP (Chicago) Federal Tax勤務。2008年10月、公認内部監査人(Certified Internal Auditor)登録。2009年6月、カリフォルニア州弁護士登録(Inactive Status)。2009年8月、当事務所復帰。2009年9月、米国イリノイ州公認会計士(RCPA)登録。2010年9月、CFA協会認定証券アナリスト。2011年1月、当事務所パートナー就任。2011年7月から2013年7月まで金融庁総務企画局企業開示課に出向。2013年8月、当事務所復帰。
 著書に「金融商品取引法違反への実務対応-虚偽記載・インサイダ-取引を中心として」(2011年商事法務)(共著)、「逐条解説 2012年金融商品取引法改正」(2013年商事法務)(共著)。
 最近の論文に「国際会計基準(IFRS)の任意適用~銀行の法務に及ぼす影響を考える」(第252回金融法務懇話会 社団法人金融財政事情研究会、2010年3月)、「『 企業結合会計基準および会社計算規則の適用 』-企業グループ内(共通支配下の取引)の吸収合併を中心に-」((株)FNコミュニケーションズ、2010年6月)、「国際会計基準(IFRS)の任意適用に伴う会社法・金商法上の課題と対応」((株)FNコミュニケーションズ、2010年7月)、「国際会計基準(IFRS)の任意適用~会社法・金商法上の課題と対応~」(宝印刷ビジネスセミナー、2010年9月)、「IFRSの導入による金融商品取引契約への影響」(FNコミュニケーションズ、2011年6月)、「IFRS任意適用要件緩和に関する規則改正と株式公開時におけるIFRS適用上の留意点について」(あずさ監査法人主催「日本市場におけるIFRS適用株式上場セミナー」2013年10月)、「臨時報告書への適切な対応について~改正を踏まえて~ 」(宝印刷ビジネスセミナー、2013年11月)など。

記事一覧

弁護士として公認会計士として金融庁出向経験は

弁護士として公認会計士として金融庁出向経験は (2014/03/24)

弁護士として、公認会計士としての貴重な経験   ~私の官庁出向談~   アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 中村 慎二  企業や官庁に出向す…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1