メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾 拓也

松尾 拓也

松尾 拓也(まつお・たくや)

 2002年東京大学法学部卒業。2003年弁護士登録。2011年バージニア大学ロースクールLL.M.修了。2012年ニューヨーク州弁護士登録。2011年~2012年ニューヨークのSimpson Thacher & Bartlett 法律事務所を経て、現在、西村あさひ法律事務所パートナー。
 国内外のM&A、組織再編、資本・業務提携等の案件のほか、株主総会対応、コーポレート・ガバナンス体制の構築、役職員の報酬体系の構築、危機管理対応などを含む企業法務全般を主要な業務分野とする。また、創業家系の大株主がいる上場会社における経営上の諸問題についても造詣が深く、講演も多数行っている。
  主な著書(いずれも共著)として、「論点体系金融商品取引法1」(第一法規、2014年)、「日本経済復活の処方箋 役員報酬改革論」(商事法務、2013年)、「金商法大系I - 公開買付け(2)」(商事法務、2012年)、「新株予約権ハンドブック」(商事法務、2012年)、「会社法実務解説」(有斐閣、2011年)、「金商法大系1 - 公開買付け(1)」(商事法務、2011年)、「会社法・金商法の実務質疑応答」(商事法務、2010年)、「企業法務判例ケーススタディ300【企業組織編】」(金融財政事情研究会、2008年)がある。その他、コーポレート分野の論稿多数。

記事一覧

改正会社法5月施行で種類株主に新たなリスク、その対策は?

改正会社法5月施行で種類株主に新たなリスク、その対策は? (2015/01/07)

 今年5月に施行予定の改正会社法で、新たなキャッシュ・アウト制度が創設される。これにより、総議決権の90%以上を持つ株主は、株主総会決議を得ることなく、残りの…続きを読む

サイバーダイン社の上場:議決権種類株式を用いた日本初の事例

サイバーダイン社の上場:議決権種類株式を用いた日本初の事例 (2014/04/02)

 日本発のロボットメーカーの上場として大きく報道されたサイバーダイン(CYBERDYNE)株式会社。人の手足の動きを補助するロボットスーツを開発し、医療介護関…続きを読む

業績連動型の役員報酬、どう設計するか 米国最新動向

業績連動型の役員報酬、どう設計するか 米国最新動向 (2012/09/05)

 企業の役員報酬に対する株主の目が厳しくなっている。それに伴い、今後、日本でも、米国で先行している業績連動型の役員報酬制度を導入する企業が増えるとみられる。松…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1