メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山田 将之

山田 将之

山田 将之(やまだ・まさゆき)

 2001年早稲田大学法学部卒業。司法修習(58期)を経て、2005年弁護士登録。2012年米国ノースウェスタン大学ロースクール卒業(LL.M.)、2013年ニューヨーク州弁護士登録。2012年~2013年Pillsbury Winthrop Shaw Pittman法律事務所勤務。企業不祥事が発生した際の社内調査・当局対応を始めとする危機管理案件、不祥事の未然防止のためのコンプライアンス体制整備案件等に従事。
 主な著書に、『ここがポイント 事業者の内部通報トラブル』(法律情報出版、2016年) 、『危機管理法大全』(商事法務 、2016年)、「実務家のための海外贈賄リスクマネジメント」リスクマネジメントTODAY 92号(2015年)など。

記事一覧

取引先・買収相手の贈賄リスクをどこまでどう調べるべきか

取引先・買収相手の贈賄リスクをどこまでどう調べるべきか (2017/05/10)

反贈賄デューデリジェンスの意義と実践 弁護士・NY州弁護士 山田 将之  日本企業が新興国で現地企業とビジネスを行う際に、当該ビジネスの相手方が贈賄を行ってい…続きを読む

日米における内部通報・内部告発の奨励・保護制度

日米における内部通報・内部告発の奨励・保護制度 (2014/07/09)

 企業が早期に社内の不正を発見し自浄作用を発揮するよう促す内部通報制度。その内部通報を保護することを目的とした公益通報者保護法が施行されて8年になる。企業コン…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1