メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上 葵

井上 葵

井上 葵(いのうえ・あおい)

 2001年3月、東京大学法学部卒。2004年10月、司法修習(57期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)、当事務所入所。2010年5月、米国Columbia University School of Law(LL.M.)。2010年9月から2011年3月まで米国ニューヨークのHughes Hubbard & Reed法律事務所勤務。2011年3月、ニューヨーク州弁護士登録。2011年4月-6月、アメリカ仲裁協会(AAA)の国際部門International Centre for Dispute Resolution (ICDR、米国ニューヨーク)にて研修。2011年9月、当事務所復帰。2012年10月から日弁連ADR(裁判外紛争解決機関)センター国際投資紛争特別部会幹事。2014年1月、当事務所スペシャル・カウンセル就任。
 著書に「仲裁・ADRフォーラム Vol. 4」(日本仲裁人協会編、信山社 2013年2月)(共著)、「精選 金融判例解説-金融実務の観点から-」(日本加除出版 2013年2月)(共著)、「新会社法の読み方-条文からみる新しい会社制度の要点-」(社団法人金融財政事情研究会 2005年)(共著)がある。
 論文に"Getting the Deal Through – Investment Treaty Arbitration 2014" (日本関連部分)(Law Business Research, 2013)(共著)、"International Comparative Legal Guide to: International Arbitration 2013" (Japan Chapter) (Global Legal Group, London (www.iclg.co.uk) 2013年8月)、「投資協定・投資仲裁の活用 ~海外投資リスクを最小化するために」 Global Angle No. 86 (2013年5月号)(共著)、「投資協定を海外ビジネスの武器に~発効が待たれる日中韓投資協定~」 ビジネス法務(2013年4月号)、「中国ビジネスにおける投資仲裁の可能性 日本企業による日中韓投資協定の活用」 ザ・ローヤーズ (2012年11月号)(共著)、「投資協定仲裁の概要と日本企業による活用」 ザ・ローヤーズ (2012年9月号)(共著)、"International Comparative Legal Guide to: International Arbitration 2012" (Global Legal Group 2012年8月)、「企業紛争処理における国際仲裁[入門編]」(Lexis企業法務2007年5月号)(共著)などがある。

記事一覧

国際仲裁の何がおもしろいのか

国際仲裁の何がおもしろいのか (2014/06/02)

「国際仲裁」弁護士の醍醐味 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 井上 葵  企業法務を中心に取り扱う法律事務所に所属していると、「ご専門は何ですか」と聞かれる…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1