メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大橋 さやか

大橋 さやか

大橋 さやか(おおはし・さやか)

 2002年3月、東京大学法学部卒。2004年10月、司法修習(57期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)、当事務所入所。2014年1月、当事務所スペシャル・カウンセル就任。
 著書に「管理監督者・上司・先輩は知っておいてほしい 研究者・技術者の『うつ病』対策 ~ 不調者を出さない仕組みづくりと日常の注意点 ~」(技術情報協会 2013年)(共著)。論文に「Assistance in Dispute Provisions: helping former employers in Japan when they find themselves in a bind」(Asian-Mena Counsel (Volume 10 Issue 2, 2012))(共著)、「Employment Issues on a Transfer of Business 2012」(Published by Mayer Brown JSM)(共著)、「相談室Q&A(メンタル不調休職者が、SNSで頻繁に趣味活動を公開していることに何らかの措置は可能か)」(労政時報第3827号 2012年8月10日号)、「"部下を次々と食い潰す" クラッシャー上司の実態と対策」(メンタルヘルスマネジメント 2013年8月号)(共著)、「相談室Q&A(海外赴任で、帯同した家族がうつ病に罹患し自殺した場合、会社は責任を問われるか)」(労政時報第3853号 2013年9月27日号)、「退任予定(在任中)の取締役の従業員引き抜き」(ジュリスト増刊「実務に効く コーポレート・ガバナンス判例精選」2013年12月)(共著)、「The International Comparative Legal Guide to : Employment & Labour Law 2014」(日本関連部分)(Global Legal Group 2014年)(共著)(This article appeared in the 2014 edition of The International Comparative Legal Guide to: Employment & Labour Law; published by Global Legal Group Ltd, London)がある。

記事一覧

昆虫好きの目で様々な視点から案件を眺める

昆虫好きの目で様々な視点から案件を眺める (2014/07/14)

様々な視点から案件を眺めること アンダーソン・毛利・友常法律事務所 大橋 さやか  虫が嫌いな方には、ご容赦いただきたい。  我が家の子供たちは、虫が大好きで…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1