メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森下 国彦

森下 国彦

森下 国彦(もりした・くにひこ)

 1981年3月、東京大学法学部卒業。司法修習(38期)を経て、1986年4月、弁護士登録(第二東京弁護士会)、現事務所に入所。1993年3月、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(専修コース)修了。1995年1月、現事務所パートナーに就任。2006年4月から2010年3月まで京都大学大学院法学研究科非常勤講師。
 著書に、「現代企業法・金融法の課題」(弘文堂、共著)(2004年10月)、「ANALYSIS 公開買付け」(商事法務 2009年)(共著)、「注釈金融商品取引法(第2巻)業者規制」(金融財政事情研究会 2009年)(共著)、「Securities World - third edition」(European Lawyer) (2011年6月)、「日本のローファームの誕生と発展」(商事法務 2011年11月)(共著)、「精選 金融判例解説-金融実務の観点から-」(日本加除出版 2013年2月)(共著)がある。
 最近の論文に『Impact of Japanese prospectus reform on foreign investment trusts』 (共著、2010 Guide to the World's Leading Investment Funds Lawyers、2010年)、『復興・再生と資金調達の諸形態』(旬刊商事法務No.1939、2011年8月5・15日合併号)、『金融機関のコーポレート・ガバナンス -会社法と業法の交錯-』(共著、資料版商事法務352号、2013年7月)、『The Legal Nature of Insurance Contracts (Japan Chapter)』(共著、IBA Insurance Committee Substantive Project 2013、2013年)などがある。

記事一覧

60年前に既に使われた「~になります」は正しい日本語なのか

60年前に既に使われた「~になります」は正しい日本語なのか (2014/08/11)

“正しい”日本語とは? アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 森下国彦  「~になります」  我々の毎日の仕事の中では、クライア…続きを読む

ワイン投資と縦割り法規制

ワイン投資と縦割り法規制 (2011/06/06)

ワイン投資と縦割り行政   アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 森下 国彦  良いワインは長い時間をかけて熟成  多々あるお酒の中でも、私は…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1