メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久保田 淳哉

久保田 淳哉

久保田 淳哉(くぼた・じゅんや)

 2005年3月、東京大学法学部卒業。2006年10月、司法修習(59期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)、当事務所入所。2012年5月、米国University of California, Berkeley, School of Law(LL.M.)。2012年9月から2013年7月にかけてワシントンD.C.のWilson Sonsini Goodrich & Rosati法律事務所勤務。2013年6月、ニューヨーク州弁護士登録。2013年9月、当事務所復帰。
 著書に「留保所有権者が第三者に対して負う目的物撤去義務および不法行為責任」(民事研修No. 636、2010年4月号)(共著)、「Intellectual Property & Antitrust 2014」(日本関連部分)(Global Competition Review、2013年)(共著)、「Pharmaceutical Antitrust 2014」(日本関連部分)(Global Competition Review、2014年)(共著)がある。

記事一覧

バークレーとワシントンD.C.で暮らして感じた違い

バークレーとワシントンD.C.で暮らして感じた違い (2014/11/17)

米国西海岸・東海岸、そして東京に暮らして アンダーソン・毛利・友常法律事務所 久保田 淳哉  私は2011年から2012年にかけて、米国カリフォルニア州に所在…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1