メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村 拓朗

中村 拓朗

中村 拓朗(なかむら・たくろう)

2003年3月、慶應義塾大学法学部卒。2003年4月から2007年3月まで東日本旅客鉄道株式会社勤務。2005年11月、社会保険労務士試験合格。2010年3月、東京大学法科大学院(法務博士(専門職))。2012年12月、司法修習(65期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)。2013年1月、当事務所入所。
  論文に「相談室Q&A(セクハラにより諭旨退職が検討されている一方で、退職勧奨されていると主張する従業員を懲戒解雇できるか)」(労政時報第 No.3865 2014年4月11日号)がある。

記事一覧

駅員・車掌だった私が弁護士になって感じる社会人経験者と法曹

駅員・車掌だった私が弁護士になって感じる社会人経験者と法曹 (2014/12/15)

元駅員・車掌が弁護士になって感じること  ~ 社会人経験者弁護士への乗り換え案内 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 中村 拓朗  勤務場所は「法務…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1