メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐藤 剛史

佐藤 剛史

佐藤 剛史(さとう・たけふみ)

 1999年3月、東京大学法学部卒。2000年10月、司法修習(53期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)、当事務所入所。2009年1月、当事務所パートナー就任。2011年4月から2014年3月まで東京大学法学部非常勤講師。
  著書に「事例解説 出向・転籍・退職・解雇」(第一法規出版、2002年)(共同執筆)、「ケーススタディー国際関係私法」(有斐閣、2015年)(共同執筆)がある。論文に「企業活動の複雑化・クロスボーダー化により変容を迫られるビジネス訴訟弁護士の資質」(ザ・ローヤーズ 2006年12月号)(共同執筆)、「中国企業に対する債権回収のツボ」(Business Law Journal 2008年11月号)(共同執筆)、"Recent Trends in Administrative Litigation" (International Law Office/June 2009) (共同執筆)、「違法行為の差止請求権」(ジュリスト増刊「実務に効く コーポレート・ガバナンス判例精選」 2013年12月)がある。

記事一覧

剣道と弁護士: 攻めること、攻められても動じないこと

剣道と弁護士: 攻めること、攻められても動じないこと (2015/04/06)

剣道と弁護士業務 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 佐藤剛史  中学生1年生から高校3年生まで部活動でしていた剣道を約20年ぶりに再開し、細々と続け…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1