メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江本 康能

江本 康能

江本 康能(えもと・やすたか)

 2005年3月、東京大学法学部卒。2007年3月、東京大学法科大学院 (法務博士 (専門職))修了。2008年12月、司法修習(61期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)。2009年1月、当事務所入所。2011年4月から2012年3月まで東京大学法科大学院非常勤講師。2013年5月、米国Vanderbilt University Law School (LL.M.)修了。2013年9月から2014年2月までロンドンのSlaughter and May法律事務所勤務。2014年4~11月、イスタンブールのPaksoy法律事務所に出向。2014年12月、当事務所復帰。
  最近の主な著作に「トルコにおける進出時の労務 ー 現地企業の運営におけるポイント」(ジュリスト2015年4月号)(共著)、「Expansion into the Japanese insurance market」 (Euromoney Yearbooks/International Reinsurance Review 2010/11 and 2011/12) (共著)、「ANALYSIS 公開買付け」(商事法務 2009年)(共著)がある。

記事一覧

日本企業のトルコでの活躍のために弁護士として

日本企業のトルコでの活躍のために弁護士として (2015/06/15)

日本企業のトルコでの活躍のために弁護士として アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 江本 康能   1.はじめに  高校の卒業文集でヨースタイン・ゴルデ…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1