メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有松 晶

有松 晶

有松 晶(ありまつ・あきら)

 2005年東京大学法学部卒業、2007年東京大学法科大学院修了。司法修習(新62期)を経て、2009年弁護士登録、西村あさひ法律事務所弁護士。現在、コロンビア大学ロースクールに留学中。
 役職員不祥事、インサイダー取引案件、独禁法違反案件、情報漏洩案件等の危機管理案件や、責任追及訴訟、独禁法関係争訟、その他各種民事訴訟等の争訟案件を中心に、一般企業法務全般に従事する。
 主な執筆として、『インサイダー取引規制の実務[第2版]』(共著、商事法務)、「改正されたインサイダー取引規制の留意点-平成24・25年改正-」ビジネス・ロージャーナル2013年12月号(共著)、「インサイダー取引規制の最新動向と決算情報管理」旬刊経理情報1412号(共著)などがある。

記事一覧

違法な自社株買いで善意の売り主が保護される可能性を検討

違法な自社株買いで善意の売り主が保護される可能性を検討 (2017/10/11)

財源規制に基づく自己株譲渡代金返還義務の成立範囲  -自己株取得への該当性につき善意の譲渡人の保護の可能性   西村あさひ法律事務所 弁護士 有松 …続きを読む

「うっかり選挙違反」を防ぐために 企業法務から見た公選法

「うっかり選挙違反」を防ぐために 企業法務から見た公選法 (2015/08/19)

 公職選挙法は、選挙の公正を期するため、選挙運動を広汎に規制している。そのため、企業の役職員が企業活動の一環のつもりで行った行為が、公職選挙法違反に問われるこ…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1