メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江口 直明

江口 直明

江口 直明(えぐち・なおあき)

 1986年、一橋大学法学部卒業。1988年、東京弁護士会登録。1992年、ロンドン大学(UCL)卒業、法学修士(国際ビジネス法)取得。
 プロジェクトファイナンス、PPP/PFI、海外インフラ投資を専門とする。丸紅大分6号地82MW、ソフトバンク/三井物産米子43MW、同苫東111MW等のメガソーラ太陽光発電所50ヶ所超(累計1,000MW超)、北海道幌延、さらきとまない、青森県六ヶ所村、秋田県八竜、石川県輪島、愛媛県三崎町、北九州響灘等の累計150MWの風力発電所、吾妻木質バイオマス発電所13MW、向浜木質バイオマス発電所20MW等、石炭火力(500MW超及び110MW)及びガス火力(500MW超)、横須賀パワーIPP(239MW)、東亜IPP(274MW)、ユニバーサルスタジオ・ジャパン向け(1250億円)プロジェクトファイナンスなどに関与。
 2007年、国土交通省PFIの事業プロセス改善研究委員、2010年から内閣府PFI推進委員会専門委員、国土交通省空港運営のあり方に関する検討会委員。

記事一覧

発電所を売買するには? 世界の投資家が日本を目指す太陽光ラッシュ

発電所を売買するには? 世界の投資家が日本を目指す太陽光ラッシュ (2015/08/20)

海外投資家による日本の太陽光発電所への投資とセカンダリー取引(完成した発電所の売買) ベーカー&マッケンジー法律事務所 弁護士 江口 直明  I  は…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1