メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

穂高 弥生子

穂高 弥生子

穂高 弥生子(ほだか・やえこ)

 弁護士。1988年、慶應義塾大学法学部卒業。1998年ニューヨーク大学ロースクールLL.M取得。2004年ジュネーブ国際大学MBA取得。
 おもに企業買収・再編を含む企業法務、会社訴訟その他の紛争案件の分野に約20年の経験を有する。ベーカー&マッケンジー東京オフィスのコーポレートM&Aグループ、AECタスクフォース、自動車産業グループに所属。ベーカー&マッケンジーの他のASEAN域内オフィスとともに、ASEAN経済共同体の発足に伴い日本企業が活用できる施策や、域内のビジネス再構築について各種の講演、執筆を行う。

記事一覧

インドネシアの現地代理店との紛争を避ける契約とは

インドネシアの現地代理店との紛争を避ける契約とは (2016/05/18)

 インドネシアは、2億5千万超のASEAN最大かつ世界でも第4位の人口を抱え、最近では富裕層の成長も著しく、多くの日本企業にとって大変魅力のある市場だ。実際、…続きを読む

ASEANで進むハーモナイゼーション(規制や手続きの域内調和)とは?

ASEANで進むハーモナイゼーション(規制や手続きの域内調和)とは? (2015/10/09)

 東南アジア諸国からなる「ASEAN経済共同体(AEC)」が2015年度中に発足する。AECは単一の生産基地、単一の市場を創設することを目指す野心的な試みであ…続きを読む

「アジア最後のフロンティア」ミャンマーの会社法、投資法、改正への最新動向

「アジア最後のフロンティア」ミャンマーの会社法、投資法、改正への最新動向 (2015/08/30)

 軍政から民政へと体制が変わったミャンマーで日本を含む外国からの企業進出が相次いでいる。なお軍部の影響力が強いとはいえ、11月には総選挙が予定されており、民主…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1