メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

髙木 楓子

髙木 楓子

髙木 楓子(たかぎ・かえでこ)

 東京大学法学部卒業。司法修習(旧61期)を経て、2008年9月より西村あさひ法律事務所弁護士(東京弁護士会所属)。2014年ニューヨーク大学ロースクール卒業(LL.M.)、2014年~2015年、米シカゴのカークランド・アンド・エリス法律事務所勤務。2015年ニューヨーク州弁護士登録。特許訴訟、営業秘密訴訟などの知財訴訟案件その他一般企業法務を手掛ける。

記事一覧

米国特許訴訟の「クレーム解釈」と証拠開示(ディスカバリ)の手続き

米国特許訴訟の「クレーム解釈」と証拠開示(ディスカバリ)の手続き (2015/09/16)

 多くの特許訴訟が争われる米国で、投資家から集めたカネを元手に特許権を買い集め、類似の製品を製造、販売したメーカーなどに損害賠償などを求める「パテント・トロー…続きを読む

米国で特許訴訟を起こされたときに必要な「ローカルルール」の知識

米国で特許訴訟を起こされたときに必要な「ローカルルール」の知識 (2015/09/02)

  多くの特許訴訟が争われる米国で、投資家から集めたカネを元手に特許権を買い集め、類似の製品を製造、販売したメーカーなどに損害賠償などを求める「パテント・トロ…続きを読む

営業秘密漏洩の対策 人材を通じた技術流出を防ぐ

営業秘密漏洩の対策 人材を通じた技術流出を防ぐ (2013/06/26)

 技術の海外流出など企業の営業秘密の漏洩が相次いでいる。事態を重く見た経産省は昨年、1万社アンケートと30社ヒアリングで実態調査を行った。髙木楓子弁護士は、そ…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1