メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中野 裕仁

中野 裕仁

中野 裕仁(なかの・ゆうじん)

 2005年3月、東京大学法学部卒。2007年3月、東京大学法科大学院 (法務博士 (専門職))修了。2008年12月、司法修習(61期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)。2009年1月、当事務所入所。2011年4月から2012年3月まで東京大学法科大学院非常勤講師。2014年5月、米国University of Virginia School of Law(LL.M.)修了。2014年9月から2015年3月までロンドンのLewis Silkin法律事務所勤務。2014年10月、ニューヨーク州司法試験合格。2015年5~8月、香港のLewis Silkin法律事務所勤務。2015年8月、当事務所復帰。
 著書に「ANALYSIS 公開買付け」 (商事法務 2009年)(共著)がある。論文に"Formation of Labour Union by Convenience Store Franchisees"(International Law Office 2009年12月) (共著)、"Non-compete clauses in franchising agreements - use and limitations"(International Law Office 2010年3月) (共著)、「相談室Q&A 仮処分申請とは何か。申請がなされた場合、会社としてどのような対応が必要か」(労政時報 No. 3819 2012年4月13日号)、「会社分割に伴う労働契約承継の効力  日本アイ・ビー・エム(会社分割)事件」(特集・M&Aをめぐる近似の紛争の潮流と判例法理の形成」(判例タイムズ1372号 2012年 8月1日号)(共著)がある。

記事一覧

ビザの無効で始まったトラブル続きの海外生活で得たもの

ビザの無効で始まったトラブル続きの海外生活で得たもの (2015/09/21)

入国トラブルで幕を開けた海外生活 - そこで得たものは アンダーソン・毛利・友常法律事務所 中野 裕仁  4年半勤務した事務所を一旦離れ、留学のため、国外脱出…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1