メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

杉村 光嗣

杉村 光嗣

杉村 光嗣(すぎむら・こうじ)

 2006年東京大学法学部卒業、2008年同法科大学院修了。2009年弁護士登録(第一東京弁護士会・新62期)。2012年~2014年特許庁制度審議室法制専門官として特許法等改正法の企画・立案などを担当。2014年弁理士登録。現在西村あさひ法律事務所。
 各種産業財産権・著作権・営業秘密その他の知的財産に関連する取引及び争訟、IT・メディア関連法務などを中心に、一般企業法務全般を担当する。
 主な著作として、「平成27年職務発明改正対応の実務上の留意点」NBL1058号26頁、「平成26年特許法等の一部を改正する法律の概要」Law&Technology64号51頁、「クラウド・コンピューティング関連法の実務的諸問題」NBL976号~981号など。

記事一覧

新しい職務発明制度の実務対応、「原始使用者帰属」の採用は?

新しい職務発明制度の実務対応、「原始使用者帰属」の採用は? (2015/11/25)

 社員が仕事で発明した「職務発明」の特許を受ける権利を、その発生のときから「会社」に帰属させることができる改正特許法が7月に成立した。青色発光ダイオードの発明…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1