メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

達野 大輔

達野 大輔

達野 大輔(たつの・だいすけ)

 弁護士。ベーカー&マッケンジー法律事務所東京オフィスで、知的財産・情報通信グループに所属するパートナー。
 東京大学卒業、ノースウエスターン大学ロースクール(LL.M.)卒業。
 知的財産の登録、保護、紛争、ライセンシングおよび情報技術、放送、電気通信に関わる案件を扱う。特に商標権の侵害物品に対する法的対処に関しては、侵害物品のソースに関する調査、オンラインショップ又はオークションにおける侵害への対処、警告書の送付、仮処分・仮差押・民事訴訟に至る一連の手続きについて経験を有する。著作権に関する法的アドバイス、契約書の作成なども多く手がける。外為法における、安全保障のための輸出規制に関する法的アドバイスの提供を行う。
 主な著作に「ミログ第三者委員会報告書から考えるプライバシー情報ビジネス利用の問題」がある。著書に「アジア・ビジネスの法務と税務―進出から展開・撤退まで」、「Ending the Imports」、「PLC E-Commerce Practice Manual」、「Litigation Yearbook 2001」など。

記事一覧

個人情報保護法改正の、その先を見据えて

個人情報保護法改正の、その先を見据えて (2015/12/25)

個人情報保護法改正の、その先を見据えて 弁護士 達野 大輔  I. はじめに  「個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1