メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

板橋 加奈

板橋 加奈

板橋 加奈(いたばし・かな)

 弁護士。ベーカー&マッケンジー法律事務所東京オフィスで、環境グループリーダーを務め、コーポレートM&A、労働グループに所属するパートナー。東京大学卒業、ジョージタウン大学ロースクール(LL.M.)卒業。
 国内・クロスボーダーM&A案件を中心として、プライベート・エクイティ投資案件、国内大手ファンドによる各種MBO案件、各種組織再編等に関わる案件を取扱う。また、M&A案件及び組織再編に伴い問題となることの多い、労働問題・環境問題を始めとして、労働法・環境法コンプライアンスの側面からの各種アドバイス等を手がける。
 著作に『汚染リスク不動産取引の法務・会計・税務』(共編者、中央経済社、2012年)、『業務フロー図から読み解く ビジネス環境法』(共著、「第2部 ビジネス環境法法規集」、レクシスネクシス・ジャパン、2012年)などがある。

記事一覧

パリ協定とCOP21の歴史的意義 温室効果ガス削減への約束草案

パリ協定とCOP21の歴史的意義 温室効果ガス削減への約束草案 (2016/02/26)

Paris Agreement(パリ協定)とCOP21  -その歴史的意義 ベーカー&マッケンジー法律事務所 板橋 加奈  1.はじめに  2015年12月1…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1