メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仁瓶 善太郎

仁瓶 善太郎

仁瓶 善太郎(にへい・ぜんたろう)

 2003年、京都大学法学部卒業。2004年、弁護士登録(第一東京弁護士会)、西村ときわ法律事務所(現 西村あさひ法律事務所)勤務。2007年、坂井・三村法律事務所(ビンガム・坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業))勤務。2011年、米国デューク大学ロースクール修了(LL.M.)。2011~2012年、ビンガム・マカッチェンLLP ニューヨークオフィス勤務。2012年、ニューヨーク州弁護士登録、欧州三井住友銀行(ロンドン)出向、ビンガム・マカッチェンLLP ロンドンオフィス勤務。2015年4月、統合により当事務所入所。2016年1月、当事務所パートナー就任。
 論文に「アメリカ契約法の重要ポイント第3回 NDA(秘密保持契約)の留意点(Lexis AS ONE(日本法・判例・行政情報データベース)、共著、2015)、「クロスボーダー事業再生 - ケース・スタディと海外最新実務」(商事法務、共著、2015)、「クラウドファンディングの最新事情」(ビジネス法務 2014年10月号)、「預金者から銀行に対する取引経過開示請求を預金契約に付随する義務として認めた事例」(金融・商事判例 No.1311、2009)などがある。

記事一覧

インターネットで訴訟記録を閲覧できる米国に見るサービスの進歩

インターネットで訴訟記録を閲覧できる米国に見るサービスの進歩 (2016/04/04)

インターネットを利用した訴訟記録の閲覧システムに思う アンダーソン・毛利・友常法律事務所 仁瓶 善太郎  私が弁護士登録をした2004年から、はや10年以上の…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1