メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊藤 真弥

伊藤 真弥

伊藤 真弥(いとう・まや)

 西村あさひ法律事務所パートナー。1999年慶應義塾大学法学部法律学科卒業、2002年弁護士登録。2007年コロンビア大学ロースクール卒業(LL.M.)。国内金融機関への出向経験を有する。
 北南米やアジアのプロジェクト向けのクロスボーダー・ファイナンス案件を中心に、国内外の企業の海外での事業展開における資金調達、金融機関のコンプライアンスや一般法務等の業務、外国企業の日本での事業展開における一般法務等の案件を手がける。
 主な著書に、「貸金業」範囲見直しによるグループ内金融・合弁事業への影響 旬刊商事法務No.2031(2014年4月25日号)、キャッシュ・プーリングに関わる法的論点整理 金融法務事情No.1957(2012年11月10日号)など。

記事一覧

グループ親会社の内部通報制度の役割と論点、子会社との関係

グループ親会社の内部通報制度の役割と論点、子会社との関係 (2016/07/20)

 組織内で不正を早期発見する内部通報制度。2000年代初めから大企業を中心に導入されたが、東芝の粉飾決算や東洋ゴム工業のデータ不正は、制度が形骸化している例が…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1