メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三村 藤明

三村 藤明

三村 藤明(みむら・ふじあき)

 1977年、愛媛大学法文学部卒業。1987年、弁護士登録(東京弁護士会)。1991年、三村藤明法律事務所開設。2002年坂井・三村法律事務所(後にビンガム・坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業))開設。2015年4月統合により当事務所に参画。倒産・再生のほとんどの分野に深い経験を有する。元東京弁護士会倒産法部長。
 書籍・論文に「特定調停を用いた経営者保証ガイドラインの成立事例報告」(『NBL』 No.1030、共著、2014)、『民事再生法判例の分析と展開』(金融・商事判例No.1361/2011年3月増刊号)、「循環取引と破産―東京地方裁判所における破産管財業務について」(『自由と正義』10月号、2011)、「倒産と信託」(『LIBRA』2月号、2008)「企業破産の動向」(『法律のひろば』2月号、2008)などがある。

記事一覧

事業再生とは人を再生すること:初めての和議で悟ったこと

事業再生とは人を再生すること:初めての和議で悟ったこと (2016/08/08)

初めての事業再生経験で悟ったこと アンダーソン・毛利・友常法律事務所 三村 藤明  私は、企業や事業の再生を主な業務としている。弁護士としては、少し偏っている…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1