メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河端 雄太郎

河端 雄太郎

河端 雄太郎(かわばた・ゆうたろう)

 2002年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。
 国内外の多数の企業を代理して、ICC、UNCITRAL、JCAA規則等に基づく国際仲裁案件及び国内外の訴訟案件(特に、自動車、製薬、飲食、フランチャイズに関する案件)に代理人として関与。資本・業務提携や継続的契約の解消事案をはじめとする様々な企業間紛争の解決、長年の海外在住経験を生かし国際的な紛争案件の処理に注力している。

記事一覧

国際仲裁の現在 契約のドラフトから外国仲裁判断の承認・執行まで

国際仲裁の現在 契約のドラフトから外国仲裁判断の承認・執行まで (2016/09/14)

 NTTドコモや日本のゼネコンの共同企業体が外国での紛争解決の手段として国際仲裁を採用し注目を集めている。国際仲裁は、国際的なビジネス上の紛争を裁判以外により…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1