メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鈴木 杏里

鈴木 杏里

鈴木 杏里(すずき・あんり)

 2006年3月、慶應義塾大学法学部卒業。2008年3月、東京大学法科大学院修了。2009年12月、司法修習(62期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)。2010年1月、当事務所入所。
 2014年8月から2015年5月まで米国University of Virginia(LL.M.)。2015年9月から2016年3月まで香港でHarney Westwood & Riegels法律事務所勤務。2016年6月、当事務所復帰。
 論文に「主債務者の返済能力に関して保証人の錯誤無効を認め、かつ保証人の債権譲受人に対する無効主張を認めた事例(東京高判平24.5.24)」(ビジネス法務 2013年2月号)、"Investment Funds" (Japan Chapter)(European Lawyer Reference, Second Edition 2013)(共著)、"Funds: Private Equity, Hedge and All Core Structures" (日本関連部分)(Wiley 2014年)(執筆協力)がある。

記事一覧

喧噪とエネルギーに満ちた金融都市・香港の深さに魅せられて

喧噪とエネルギーに満ちた金融都市・香港の深さに魅せられて (2016/10/17)

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 鈴木 杏里  洗練された多国籍のビジネスパーソンが行き交うきらびやかな金融ビル街を一歩裏手に入ると、生々しい鶏や豚の塊肉が…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1