メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三木 康史

三木 康史

三木 康史(みき・やすふみ)

 2003年3月、東京大学法学部卒。2005年10月、司法修習(58期)を経て弁護士登録(第一東京弁護士会)、当事務所入所。2012年5月、米国UCLA (University of California, Los Angeles) (LL.M.)修了。2012年9月からホーチミンのVILAF法律事務所勤務。2013年4月、ニューヨーク州弁護士登録。2015年1月、当事務所パートナー就任。2015年5月、ホーチミンオフィス代表。
 著書・論文に「名義書換未了株主による株式買取請求権が否定された事例」(ビジネス法務 2010年3月)、「インドネシア・タイ・ベトナムのM&Aにおける実務上の留意点」(ビジネスロー・ジャーナル 2013年10月-12月号)(共著)、「アジア・新興国の会社法実務戦略Q&A」 (商事法務 2013年)(共著)がある。

記事一覧

ベトナム5年、交渉スタイルの違いに「精進」必要性を痛感

ベトナム5年、交渉スタイルの違いに「精進」必要性を痛感 (2017/02/13)

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 三木 康史  2012年にベトナムに赴任し、はや5年目。  ベトナムでは、依然、日系企業の進出が堅調であり、最近では、特に…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1