メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中山 達樹

中山 達樹

中山 達樹(なかやま・たつき)

 1998年3月、東京大学法学部卒業。2010年6月、シンガポール国立大学法学部大学院(アジア法専攻)卒業。2016年、リー・クアンユー公共政策大学院(Insights into Regional Politics, Economics and Culture for Japanese Business Leaders and Policy Makers)修了。2016年、シンギュラリティ大学 エグゼキュティブプログラム修了。
 2005年10月、弁護士登録(第一東京弁護士会、58期)、2007年4月から2015年7月まで三宅・山崎法律事務所(2015年1月よりパートナー)。2010年6月から2011年6月までDrew & Napier LLC(シンガポールの法律事務所)。2015年8月 、中山国際法律事務所開設、代表弁護士。2016年1月、公認不正検査士登録。
 主要著書に『アジア労働法の実務Q&A』(商事法務,共著)など。海外進出及びグローバル・コンプライアンスに関する講演多数。環太平洋法曹協会(Inter-Pacific Bar Association)にて要職を歴任。

記事一覧

破壊的な変化「シンギュラリティ」への今後を生き抜く

破壊的な変化「シンギュラリティ」への今後を生き抜く (2017/03/27)

「シンギュラリティ」時代における法務戦略 中山国際法律事務所 弁護士 中山 達樹  1 はじめに - シンギュラリティ大学  ソフトバンクがアーム社に巨額を投…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1