メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中原 千繪

中原 千繪

中原 千繪(なかはら・ちえ)

 弁護士及び米国NY州弁護士。SIAC仲裁人候補者(Panel of Arbitrators)及び第一東京弁護士会仲裁センター仲裁人候補者。京都大学法学部卒業。スタンフォード・ロースクール修了(LL.M.)。2006年~2010年社団法人日本仲裁人協会事務局次長。
 2011年~2012年ニューヨークのデューイ・アンド・ルバフ法律事務所、ドーシー・アンド・ホイットニー法律事務所に出向。現在、西村あさひ法律事務所パートナー。
 『米国における企業活動に伴う訴訟手続の現状と弁護実務課題』 (共著、ジュリストNo1474、2014年12月号)、『国際仲裁と企業戦略』 (共著、有斐閣、2014年)、『消費者集団訴訟特例法の概要と企業の実務対応』 (共著、商事法務、2015年)、『Utilization of Japanese Court Practice to Improve Efficiency in International Arbitration』(JCAA Newsletter No37、2017年)等執筆多数。

記事一覧

仲裁判断を取り消した高裁決定 利益相反の開示義務違反を理由に

仲裁判断を取り消した高裁決定 利益相反の開示義務違反を理由に (2017/07/05)

仲裁判断取消事由としての仲裁人の利益相反事由の開示義務違反  ~大阪高決平成28年6月28日を素材として~ 西村あさひ法律事務所 弁護士 中 原 千 繪  仲…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1