メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミラー 和空

ミラー 和空

ミラー 和空(みらー・わくう)

 1954年生、在日38年の米国人。
 アメリカン音楽大学(シカゴ市)で修士号を取得後、1978年、来日。翻訳会社や財務広報会社の勤務を経て1988年、編集デザイン事務所を設立。以後、企業広報用資料の企画・制作のほか、現代詩やノンフィクションの書籍の翻訳・デザインを請け負って現在に至る。
 著書に『アメリカ人禅僧、日本社会の構造に分け入る 13人との対話』(講談社、2015年7月)がある。
 2009年に出家得度。「いつまでも一人前の僧侶にならない『永遠の修行僧』」と本人は言う。

記事一覧

宗教をもって他国民を罵倒する危険 ギルバート氏の著書で

宗教をもって他国民を罵倒する危険 ギルバート氏の著書で (2017/06/20)

宗教をもって他国民を罵倒する危険 『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』を考える ミラー和空  米国では人種差別を煽っての大統領選結果、英国では難民を嫌って…続きを読む

オリンパス事件:銀行の関わり、新聞の役割

オリンパス事件:銀行の関わり、新聞の役割 (2012/03/01)

オリンパス事件 銀行の関わり、新聞の役割    ミラー和空  2011年10月14日、筆者の親友であるマイケル・ウッドフォード氏がオリンパス株式会社…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1